かえってきた⭐️cui cui diary〜 ティータイムにessayを。

30代独身OLの日常のB面(尽きないファンタジー)を書いています。

魔法は、ないよ。

昔は、なんのために生きているのだろうとか、思うことがあった。
私はファンタジーが大好きだから、古代の大陸とか、宇宙人とか、エンジェルとか、そういうことがでてくる話は大好き。

でも、エンジェルのことを教えてくれた先生がいった。
「よく私の使命はなんですかとか、何のために生まれてきたのかと知りたがる人がいるけど、そんなものは、ありません!」
私は爽快な気持ちになった。
「いろーんな事を経験してください。体験してください。そのために、生まれてきたんです。何をしてもしなくても、あなたの自由なんです。」

スピリチュアルに対しての私の答え。

スピリチュアルとは、生きるための、自分を客観的にみるための智慧であり、いくら智慧があっても現実で自分のために立ち上がらないと、人生が変わらないのは当たり前です。
エネルギーやオーラや過去世は、自分を客観的に知るためのひとつの視点に過ぎないのです。(でも、自分とは思ったより大きな存在だということを感じられる面白い視点だとも思います。)

自分を客観的に見れてはじめて、人はそれまでとは異なる対処が出来ます。

スピリチュアルはそのために、大いに役立てればいいと思います。

けれど自分の全てを明け渡してしまうような、魔法はこの世にはないのです。魔法への期待をすてないと、魔法には裏切られるのだと思います。

人の意思ほど強い力はなく、意思のないところには魔法も効きません。

違和感のわかる、大切さ。

人の成長は、自分を客観的に見れるようになることだと思います。そして少しずつ器を広げていくことだと思います。
人は成長していこうと思うと、同じことを同じやり方でやり続けたら、楽しくなくなる時が必ずきます。

でも、本当の「楽しい」を知らないと、「楽しくない」もわからないのです。

「なんか違う、違和感。」は、「楽しい」と同じだけ強烈だから。

違和感を感じて、行き止まりを感じて、どうにも出来ない。それは前に進もうとしているから現れた大切な感覚です。必要な感覚です。

その行き止まりからまた、新しいものが見つかるはず、自分への好奇心を持ち続けていれば。
(だからその時に、今までのやり方で突破しようとしてはいけない。そうするほどドツボにはまり、無限の虚しさに飲まれます!)

そしてわたしで在り続ける、“わたし”はこの感性のことだと思います。
あなたが感じるもの、それがあなた自身を表すものだと思います。

本当の本当に、自分に正直に感じているか。
正直に、感じているものを認めているか。

そこには新しい地図が隠れているはず。
違和感は大切な大切な羅針盤です。

コジコジも同じきもち?


コジコジ、キミ将来一体何になりたいんだ?それだけでも先生に教えてくれ。」

コジコジだよ。コジコジは生まれた時からずーっと、将来もコジコジコジコジだよ。」

わたしが言いたいことと同じ!友達になれそう。
( ̄▽ ̄)

なりたいものが、わかったゾ!

わたしは、わたしにしかなれない
わたしになりたかった

と気づいた。

いつも教わることは、わたしの中で「答え合わせ」で、ほんとうは教わることに意味はなかった。

資格とか講座が世には溢れているので、
教わったら何かになったほうがいいような、
何者かになろうとして、
でもどれも何か違うと思っては引き返し。

何にもなれない、何にもならない。

けど、去年からの違和感が、クリスタルとともにパキッと割れた!

わたしは、私の言葉で語ろうと思う。

私はわたしにしかなれない、私になる。わたしで在り続ける!

何者かになろうとすることはもうやめた✨

スッキリ✨

(何をやっていようとも、自分で自分を語れること!わたしはそれがしたかった。だから今の自分が社会的に何者でもよいのだ。)

神社で感じたことがまたひとつしっくりきた。
心のままに、自由にいきろよ。それでいいんだよ。(どうして神社の神様は落語家のように感じるの?渋くて暖かい。)
ファンタジーという形をとって私の魂の自由が炸裂。 - かえってきた⭐️cui cui diary〜 ティータイムにessayを。

だから、
あなたはあなたのままで
あなたで在り続けてください
心のままに。

ベスト⭐️旅アワード✈️

色々と旅行記を綴ってきましたが、
個人的に振り返って楽しかったマイベスト旅アワードを書きたいと思います。

ベスト⭐︎プランニング大賞⭐︎
『島根、阿部家と奥出雲の旅。』です
奥出雲パワー⭐️でヘソ浴 - かえってきた⭐️cui cui diary〜 ティータイムにessayを。
中身がなかなか個性的!な旅でした。
島根といえば出雲大社ですが、我々は、
「いま島根であついのは阿部家!そして奥出雲の餅!」というローカルな旅。
(過去ブログでは阿部家について触れませんでした)
阿部家は、石見銀山のある大田市のほうで、群言堂を手がける松屋登美さんが暮らす古民家の宿です。「ここには全てがある」、という大田から手作りの暮らしを発信するクリエイターの松屋さんご夫妻。いまでは100人以上の雇用を生み出す事業にまでなった。これはあついでしょ!と思い、腰かる〜く行ったのでした。当時は予約もとれましたが、今はどうかな?現代の口コミの威力はすごいです。ここの素敵なお風呂に友人と3人で入ったのがなつかしい。

そして餅好きの私が、当時の職場のグルメな上司に、一番美味しいお餅は?ときいたら「奥出雲のまるいし。」ということで、阿部家の翌日、奥出雲へ飛んだのであります。
奥出雲のあの棚田の風景、奥まってゆく不思議な雰囲気、水のきれいさ、たたら製鉄のこと、ヤマタノオロチ伝説の里、そしてパキッ!!と充電させてくれた温泉と朝日のこと。ほんとに良いところでした。

島根に行くなら、阿部家と奥出雲はオススメです!!(個人的にはとくに奥出雲。)
人もすご〜〜く、良かった。最近はよく奥出雲への移住をすすめる話を聞く。もし田舎暮らしに興味がある人がいたら、ひとつの参考になるかもしれない。

ベスト⭐︎ミステリー大賞⭐︎
ストーンサークルグラストンベリーの旅』
イギリスの旅:6日目 古代不思議をめぐる1日 - かえってきた⭐️cui cui diary〜 ティータイムにessayを。

イギリスの旅:6日目 グラストンベリートアにてcuicuidiary授与式。 - かえってきた⭐️cui cui diary〜 ティータイムにessayを。

忘れられない夢のような旅。そして当時の自分がやりたいことを全部やりきった、と思った句読点のような旅。これ以降、やや暗中模索期間に入った。
ミステリーは美しく平和にそして力強く、そこにあった!イギリスは美しい!

ベスト⭐︎リピート大賞⭐︎
『富士周辺、河口湖の旅』
色々なところに行ってみたいので、1回行けばかなり満足なのですが、富士山の姿は何度でも拝みたいです。登りたいとは思わないのですが。
その気持ちを自覚するようになり、今年は5月〜8月のあいだに、三回も河口湖に行きました。異例です。私は富士山の姿がとても好きです。(そして河口湖周辺のほうとうは、「小作」がオススメです!色んな種類があります。混むけど回転率が良いので待つべし。)

旅は - かえってきた⭐️cui cui diary〜 ティータイムにessayを。

おはよう富士山! - かえってきた⭐️cui cui diary〜 ティータイムにessayを。


ブログには書いてませんが、カヌーにも乗りました。
富士山からはいつも爽やかな風がふいてます。自分の中に似たものがあり、キラキラ洗われていくようです。日本人だからでしょうか、自分のルーツをかんじます。

そしてこのような方程式を発見しました!
トリコロール方程式。 - かえってきた⭐️cui cui diary〜 ティータイムにessayを。

ヨシナガムチゴケ

苔を見にいったときに、科学博物館の先生がすごく面白い苔のカルタをつくっていて、みんなでそれを読み上げたりして、色々名前を教わった。

素人には一回じゃ覚えられないものも多かったけれど、ふとした時に名前が頭をよぎって、あっ覚えてた!と思うものもあった。

教わった中のひとつに、ヨシナガムチゴケ、というのがあった。
たぶんヨシナガさんという研究者が発見して、ぺろっとめくると裏にムチのような細長いものが二本ついている苔なのだ。

その姿はなんとなく、エブァンゲリオンの第三使徒サキエルぽい、と私は思った。思っただけで誰にも言わなかった(のでここに書いてる。)。

先生、このムチのようなものは何でついてるんですか?
と聞くと、
先生は苦笑いしながら、
「生物の研究で、機能を解明するのが一番難しいんだ」、と言った。
つまりまだ分かっていないのだそうだ。

苔の世界はまだ謎が多いようだ。

でもきっと、生きていくのに無駄なものはないんでしょうね(無駄なものをわざわざ生き物は身体に残さないんでしょうね)、とわたしが言うと、
おぉ、名言だねぇ。
と先生は顔をほころばせた。

けれど、同時にふと思い浮かんだのは、
かの叶恭子さんが、「何も入らないバッグ」をコレクションしていることだった。

何も入らないほど小さく、バッグとしての機能を果たしていないのに、デザインのためだけに存在するバッグ・・。そしてそれをコレクションして愛でる感性と余裕・・。

そして思わずすぐに口をついてしまった。
「でも意味のないものを持ち続けることのほうがかっこいいかもしれない・・」
と言ったら、先生は「ん??」という顔をした。

その小さなバッグは小さな輝きで恭子さんの心にマーベラスな栄養を与えるのだろうか。
夕日をみたり、風にふかれたり、木を触ったりして私が何かをもらうように。

人の感性は「生き残る」という生き物のテーマを超えたところにあるようだ。

女性性

✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨
タマオキアヤさんのブログより抜粋。
この説明、身に覚えありまくりです。思わず写メりました。
『それぞれの時代。』
それぞれの時代 - かえってきた⭐️cui cui diary〜 ティータイムにessayを。

いつも次のマイブームがくるとき、「次の船がきた」て感じてましたが、なるほど、波に乗ってるんだなぁと、思いました。
これからも女性らしく味わって生きていくことにします。