気をぬくんじゃないよ

お昼休みの終わりに、お気に入りのイチョウの木にふれていると、太田さん!と遠くでよばれたきがして、実際呼ばれてて、木の向こうをのぞくと、同僚の方がいて、すごい不思議そうに(むしろけげんに?)、「なにやってるの??」と問われ、頭がお花畑になっ…

楽しくてたまりません

ついにはじまりました、新生活❤️お引越しして、1人暮らしをはじめました。また完全に衝動的な勢いかと思いきや、いやいや、やっぱりやりたかったことだなあ、としみじみ今楽しさをかみしめてます。とはいえ初日はなんだか1人で寝るのに緊張しちゃいましたが…

ワンチャイの格言 since 2017

父、ワンチャイ(ブログでだけの愛称)の母であるおばあちゃんの格言を集める、という趣味がわたしにはあります。まだ3つしか集まってませんが、これがマイコレクションです。↓・腹の皮つっぱれば目の皮たるむ・空腹は最高の調味料・食事中に伸びすると骨の…

木の世界と鳥の世界と

しかし木というのは、わたしが何をしたところで機嫌を損ねるなんてことはないのでよい。木には感情はないけど、歴史と智慧と物語がある。じっと見ると味わいがあるし、触るのは気をつけないと虫の世界に手をだしてしまうけれど、葉の音は癒やしてくれるし、…

できる限りの最速

2017年前半折り返しました。6月30日地元の神社に行けた、その時の眺めは良かったです。いま、新しい生活にむけて、進行中‼️2017後半は新しい冒険になります。

木の語ること

ある一本のイチョウに呼ばれた気がした。木肌をながめ、触れて、風を感じて、葉の音をきいて、頭を空っぽに。触れているとだんだん木のことがよく見えてくる。その形に、歴史が現れているきがする。木の枝のところから、下に垂れ下がるように伸びるところが…

I touch the tree.

木には木の、意識があって触れると手のひらが脈うって木に伝わり私にもまるで木の脈が伝わるようふっと気持ちが落ち着いて、滞っていたエネルギーが流れだす不思議と木はいつまでも聞いてくれるわたしの鼓動をいのちの話を木とわたしと、ひとつの流れになっ…

フルムーン🌕阿蘇の午後

大観峰からおりて、そのまま南阿蘇へと向かった。昨日の文具屋さんが、南阿蘇鉄道のどこかの駅をさして、ここは良いと言ったので、どこの駅かはおぼろげだったからぱっと選んだ駅をナビに入れて、出発した。本当は今回、「幣立神宮」を最終的に目指していた…

フルムーン🌕青き衣で阿蘇の旅

翌朝は、朝風呂からスタート!昨夜は入れなかった展望風呂が朝はオープン!!当たり前のように独り占めです。旅行にでると、何もかもが上手くいってるように感じます。全てのタイミングが最高。魔法のようにスイスイと。朝陽を浴びて。ほんとに見渡す限り、…

フルムーン🌕阿蘇の旅

阿蘇の相棒。ひとりレンタカーデビュー!阿蘇に到着した日は、自分の旅では珍しく雨。しとしと。運転も慎重に。この日は遠出はせず、阿蘇神社やその周辺のお店散策をして、それからホテルの近くの細道散策へ。小さな立ち寄り湯がいくつもあり、そのうちの薬…

暑くて

ラベルの隙間から、オイルの残りをチェック。暑くてオイルもダラ〜っとのびちゃってるように見える。

つぎの旅、の前に。

4月で会社を退職することを決め、5月中旬から新しい職場にいくことになった。退職を決意して会社に申し出た5日後に、新しいお仕事のオファーがあり、幸運にも決まった。こんなことってあるの??と、そのときに絶賛不眠症だった私は脱力してしまった。でも…

不眠はこれでなおす!

いまからさかのぼること、4月に2週間くらい、去年からのもやもやが爆発してあまりのストレスに不眠になりました。びっくりだけど、不眠て寝付けないどころじゃなくて、まったく眠くならないのです。脳がストレスで勝手に、「危険!緊急事態!」というモード…

旅は

私にとって旅は、世界の美しさを発見しにいく冒険だなあといえる。4月に自分のなかの小さな枠が、がらがら崩れて、心が壊れた。眠れなくて食べれなくて、怖かった。急に外の枠から自分が見えてしまい、死んでしまいたかった。今までどれだけ自分に目をつぶっ…

イエローをテーマにオーダーノート。

春、なんだか不安定になる季節です。(今日は冬のような寒さですが⛄️)ちょっと気持ちが揺らいでいたので、色から元気をもらおうと、テーマカラーをイエローにして黄色いものを集めてみました。黄色いワンピース、黄色の入ったストール(値段もお手頃)、黄…

目に輝きが宿ってる

相思相愛❤️キラキラ✨✨✨石と出会った!!もっとうまく写真とれたらなあ!瞳の輝きのように、きらめく石✨✨生き物の光だ!ふらりと入った代官山のいしやさんで、ピンときた紫の色見ればみるほど、どんどんキラキラ✨✨してきて、お店のお姉さんも「綺麗!あれぇ、…

幸せの反対は?

幸せは何かの条件がそろうことじゃなくて、感じるもの感じる器がないと感じられないもの幸せの反対は退屈わたしは繊細で感じやすいわたしは退屈が嫌いなようだ幸せを感じないときは、ものすごい不安や焦りや悲しみや、虚しさや色んなものがおしよせるそして…

感じる時間

昨日からはじめた、夜30分〜1時間くらい、ひたすら、極力思考せず、感じる時間をつくること。気功やら音楽やら、そしてやっぱり香り。考えることをやめると、霧が晴れるように不安や悲しみが遠のいていく。香りに溺れてます。いま流行りのメモリーオイルも手…

ハッピーバースデーしてもらった

じゃん!cuicuiなお祝いをありがとう!!みっちょんの職人魂炸裂☆こんなことしてもらったのはじめて(>_<)一緒にピザつくって、(簡単で楽しい!)ロウソクにケーキまででてきたぞ!そして3人で川の字になってお布団に入ると、すっごい安心感。なんだろうこ…

畑でとれたメガネケース☆

今日はお母さんの誕生日で、プレゼントを探してぶらぶらしていたら、こんな可愛いものを発見しました。遊び心ある〜!野菜の眼鏡ケース!!トマト、ナス、とうもろこし。 可愛い〜〜✨✨とうもろこしはヒゲつき。あとそら豆、バナナ、ニンジンなどありましたが…

台湾で気になったもの、と種明かし。

まず台湾食べ歩きの種明かしは、ほぼ日カロリーメイツと青木由香さんのマップを参考にしまくりました!青木さんのオススメはほんとにすごい良かったです。ハズレなしだったのでおかげでまた行きたいと思えました。次は自分で何かみつけたい〜!台湾で気にな…

台湾で好きになったもの、続々々!

まだ続く、ありきたりだけど体験したからこそいいたい「好き!」台湾で好きになったもの、その8。四知堂のおしゃれさと、すっぱい白菜。まるで谷中かと思うような、古民家を改装した創作台湾料理店、四知堂。父母にお誕生日を祝ってもらう、、。ありがとうお…

台湾で好きになったもの、続々。

台湾で好きになったもの、その6。切り干し大根いりふわふわたまご焼き。写真が、、無い‼︎厚くまぁるく焼かれた、出汁のきいたふわふわのたまご焼きに切り干し大根のカリカリした食感が、クセになります!台湾で好きになったもの、その7。『蔡蘭家厨』地元の…

台湾で好きになったもの、続。

台湾で好きになったもの、その3。豆乳朝ごはん。肝心の写真を撮り忘れたが、最初の朝は有名な阜杭豆漿(フーファンドゥジャン)に行った。すこい行列で1時間も並び、やっと注文カウンターにたどり着く直前にメニューが手元にきて、考える暇なく注文の順番が…

台湾ですきになったもの。初台湾!

1月、はじめて台湾にいった。旧正月を控えて台北では年末の雰囲気で、まるで上野アメ横のような通りは、お正月に食べるお菓子や食材を買う人たちですごい賑わいで、 活気があった。気温は、旅行中はだいたい13〜15度くらい。そこそこ寒い。でもお天気は良か…

とりあえず、明るくいこう。

夕方職場で、同僚の人が「いま月がきれい」と教えてくれた。自分の席で立ち上がってふりむくと、薄青い空にオレンジがかった大きな月が音もなくそこにいた。刻々と空の色がかわり月の色もかわり、雲も動いていたので、振り返って見た瞬間が1番きれいだなと思…

きょうは休日、七草の日。

休日のひとり気ままなお散歩。公園でシメを発見。(写真は撮れず。)秋ごろからくるのだそうだ。ツグミもいた!おやおや、たたずむ猫の後ろ姿。いいとこ見つけたね。そのあと河原で飼い主と同じ髪型の大きなアフガンハウンドが、急にこっちに走ってきて、す…

チョコを食べて、ダンスを踊ろう!

去年はじめてあった友達の友達、Tスとは、お互いに占いとか神秘的なことがすきで、お茶でもして話しだすと、はじめて会ったというのに2人で2時間くらいはあっと言う間にたつ!こないだは、銀座で優雅にお茶しながら(ともすは内面の切れ味とはうらはらに、穏…

2016年おわり、2017年になりました。

新年明けましておめでとうございます。2016年を無事に納めました。今年もたぶんマイペース、でももう少しエキサイティングにいきたいな、と思っています。暮れからお正月は、わたしは家族と過ごします。お墓まいりや買い出しとかバタバタ過ぎますが、そろそ…

年の瀬に〜アロマで墓参り!〜

仕事納めのまえに、会社の窓から虹がみえた。素晴らしい!写真ではわかりにくいけど、大きな大きな虹でした。1年おつかれさまでした。よく頑張りました。今日はお墓まいりで、壮大な富士山をみた。雲が晴れてはっきりと。富士山をバックにお墓まいりできる…

楽しみをたとえると

わたしは音楽が好きだ。楽しいことが好きだ。今日はヤマネコくんと一日中、歌ったり踊りの練習したり、モノマネしたり、めちゃくちゃ楽しかった。ぱぁ〜〜っと発散するような楽しさ、どんどん盛り上がっていく楽しさ、アイディアがぽんぽん出てくる楽しさ、…

インナー風水太極拳

先週末はタオゼンのインナー風水太極拳でした。ワークショップの参加はたぶんもう5回目くらいだけど、一周まわってまた新鮮な感動を味わってしまった。インナー風水太極拳をはじめて体験した日は、自分の1番良いところに光がとどいた感じがした。それはとて…

りんご湯だ❤️

今日(11/23)は日帰りで、小諸の温泉に。またマイナーなとこに出没!中棚荘の、お風呂。この脱衣所から湯船まで隔てることのないふしぎなお風呂は、大名風呂というそうです。自分のお部屋にお風呂があるようなふしぎな感じで、お姫様気分になりました!隠さ…

小判のゆくえ、本当にほしかったもの。

岩鋳で買った黄金の小判は、浅草の酉の市で、おさい銭として投げてきたよ!神社の人は小判みつけて驚くかな?あんなに気に入っていたけど、なんだか今が使いどき!と思った。そして熊手をかいました。売り場の人にかこまれ、名前を読み上げてもらって、三本…

タイムトリップ☆岩手☆その2

大沢温泉山水閣は山間にある川沿いの温泉で、昔から湯治場として利用されてきており、あの宮澤賢治も幼い頃父に連れられ訪れたそうです。今では山水閣は旅館と、古い木造の自炊部、それから橋を渡って川向こうの茅葺屋根の菊水館と3つにわかれており、お風…

タイムトリップ☆岩手☆

岩手には初めて行きましたが、盛岡で降りると風の冷たいこと!ふと見ると雪をかぶった大きな山が。岩手山から吹き降ろす冷たい風でした。岩手山に3回雪が降ると盛岡にも雪が降ると言われているそうで、もうすぐここでも降るよ、と地元の方が言っていたとおり…

小さいけど素敵なこと

小さいけど素敵なことは、ときどきおこる。毎日乗ってる電車から、天気のコンディションによって富士山がみえることを発見した。それから毎日、今日はどうかな〜と、そのスポットを通過するときにおみくじでも引くような気持ちで臨む。もしも見えたら、心の…

なんでもないけど なんともないけど

川のにおいとか 向こう岸のこどもの声とかあしもとの草とかふかふかの土とか べつになんでもないけど 陽の光が肌からしみてきて みたされるこの木ひとつで大きな大きな木陰をつくっていた。あなたでしたか、この影は。すると風がたって、ざわっと葉が音をた…

極品肉桂❤️

みなさん、こんにちは。シリーズ中国茶、のお時間です。(続くのか?)夏の終わりをむかえ、金木犀の甘い香りが街に立ち込めていますね。わたしは香りが好きなもので、お茶を飲むのもとても好きです。ところで今、BSプレミアムの「瑯琊傍(ろうやぼう)〜麒…

ペパーミント

なんか暑いので、足裏にペパーミントをポトリ。メンソールがすうっと鼻からのどのおく、眉間のあいだを突き抜けていく。やっぱりアロマは知識じゃなくて、どれだけ自由に楽しめるか、そのセンスだけあれば、こんなに良いものはない。自由に楽しむ、それに尽…

霧島の夏休み。その4

ジャパニーズエクスカリバー(アメノサカボコを外国の人に説明するとしたら、、)の眠る高千穂峯。朝は高千穂牧場でアイスクリーム。『シロヤギさんへ。』と友達に写メお手紙を書くもうっかり、この子は羊。羊の瞳はつぶらで穏やかで可愛いな。ところで、都…

霧島の夏休み。その3

高千穂河原からノープランでいたところ、午後は偶然乗ったタクシーの運転手さんによる半日観光にくりだすことになった。予定はある程度すき間があったほうが、こういうことがあって面白い。運「じゃあまずは蕎麦屋に行きましょう。」ということで、連れてき…

霧島の夏休み。その2

翌朝は霧島神宮から。朝から暑くて死ぬ!参拝だけで汗だくのぬるぬる。御神木の枝の一部が、まるで烏帽子をかぶり手を合わせる神主のようだと、タクシーの運転手さんが教えてくれた。そういうのにあまり期待してなかったけど、うっちゃんの写真をみて「なる…

霧島の夏休み。その1

アイスランドの翌月、こんどは鹿児島県霧島市に行きました。(なんでまたここに?というのはいつでもあってないようなもの。)神話&温泉好きで、あと中学の時からなぜかキリシマという響きが好きで(ペンネームにしてた・・)、それを良く知るうっちゃんと霧…

はじまりの国、アイスランドへ。さいごはブルーラグーン編。

コンラッズゲストハウスで最後の朝。これまで「1日1餅、力持ち!」で食べてきた残りのお餅を食べてしまおうとキッチンにたつと、急に創作意欲が。笑自炊用に買って残ってたニンニクとバターで焼いて、ライムをしぼって粉チーズをふって食べたら、美味しか…

始まりの国、アイスランドへ。ミーヴァトンより北編。

ミーヴァトンの朝。朝は湖のほとりにお散歩へ。緑のクレーターに羊が集まっていた。羊たちに向かって、太極拳も練習した。じつはミーヴァトンは『蚊の湖』という意味で、ここにはものすごい数のユスリカが飛んでいる。でも刺さないので、ウヨウヨ飛んでいて…

始まりの国、アイスランドへ。アークレイリからミーヴァトン編。

5日目は、朝イチの飛行機でアークレイリに移動するため、早起きした。タクシーで空港にむかう。先だってSさんから、ものすごい小さい飛行機で信じられないくらい小さい空港に着く、と言われていたので、昔小さい飛行機でトラウマになるくらいの頭痛を体験し…

始まりの国、アイスランドへ。スナイフェルスネス半島編。

アイスランドには、アルバとよばれる妖精や精霊がいて、石や岩に宿っていたりするそうだ。そしてアイスランドの人々が、日本人にとっての富士山のように特別でことさらに神秘的に思う聖地のような場所が、スナイフェルスネスヨークトルという休火山である。…

はじまりの国、アイスランド。シュノーケルの午後編。

シュノーケルツアーは4.5時間程なので、2時ごろにはゲストハウスに戻ることができた。 ここで私たちは、恒例のまいたんとスカイプをした。キッチンのダイニングテーブルで。 日本はちょうと夜の11時くらいだった。話していたら雨がふってきて、テーブルの真…

はじまりの国、アイスランド。シルブラシュノーケル編。

夢で誰かが面白いことをして、爆笑していた。目が覚めた時にはまだお腹の奥からぐうっとその笑いのエネルギーが湧いてきていて、ぐふふ・・と薄ら笑いながら起きた。エネルギーが見せた夢だ。 さて、そんな愉快な気持ちでベットの中で目をさますと、みっちょ…