イギリスの旅:2日目エジンバラ 後半

お昼、エレファントカフェにて。
f:id:ayutann:20150920211321j:image
まいたんから〝みっちょんと会ったら2人であけてください〟というお土産を預かっていたので、こちらに到着してから相談して、

「今日のお昼にスカイプいたしませう。そこで、お土産をあけてみませう。」
「そういたしませう。」
と、いうことになった。

老舗のカフェに行ってみたい!ということでとりあえず有名なエレファントカフェにきてみた。有名なのは、ここでハリーポッターが書き上げられたということだそうだ。(わたしは実はハリーポッターを1回もまともに見たことがない。。どうしてもすぐに飽きてしまう。。なのにここに来てみた。)

カウンターで食べ物を注文すると、英語が通じなくて何回も聞き返され、店員さんも私もだんだん笑ってきてしまい、となりのお客さんも笑ってくれた。なんとか無事に注文を終えると、真ん中の丸テーブルに案内された。

すると隣に日本人らしき女性が座っており、「あの、日本の方ですか??」と声をかけて頂いた。お話してみると、なんと日本の某国立大学の研究者の方で語学の研究をしており、エジンバラ大学で何やらシステムを作成中とのこと。そのシステムの簡単なテストを受ける日本人を探しており、私たちにお声がかかった。
みっちょんとわたしは前の職場で、そうした研究費の執行に関わる仕事をしていたので、おぉ〜!まさかここでそんな方に出会うとは!と驚いた。ちょうど夕方なら時間があったので、協力を快諾して、また後で会うことになった。

おっといけない、まいたんと約束の時間だ!
ということであわててスカイプをつなぐ。あせあせ。日本は夜の9時ごろ。
コールすると、まいたんとしゅんたん(1歳半)が顔をだした!きゃあ〜としばし騒ぐ。まいたんに店内を見せようとみっちょんがiPadをかざすと、同じ丸テーブルの向かいの席のお客さんが「oh〜、so cute‼︎」と言った。しゅんたんが顔を出していたようだ!
そしていよいよお土産をあけてみる…。でてきたのは、
f:id:ayutann:20150920210233j:image
りったん(まいたんの愛犬)バッチとメッセージカード!まいたんの手作り!かわいくてそして予想外で爆笑。ちゃんとみっちょんの旦那さんのぶんも。この日から毎日私たちはりったんバッチをつけていた。

大興奮のスカイプを終えてひと休みし、午後のコンサートへむかう。

この週はエジンバラ国際フェスティバルの期間で、街中で様々なイベントが行われて賑わっていた。英語が分からなくても楽しめそうなファミリーコンサートにいってみた。古い建物を入ると中は水色のすごくかわいいホールで、クラシックからタンゴ、ピアノの現代音楽と映像のコラボとか、観客みんなで手を叩いたりとかなかなか楽しかった。

そして夕方、さきの約束どおりに近くのエジンバラ大学に向かい、ななみさん(仮)の案内でラボに入り、個室でヘッドホンをつけPCにむかうわれら。なんか、うける!
無事テストを終えたあとも、色々話しが盛り上がり長居してしまった。珍しい体験をした。。旅らしいハプニングだ。

予想外の寄り道が終わって、またぷらぷら歩いた。以前にみっちょんが土砂降りの中登ったことがあるという、ホーリールードパークへ。ここでようやく、街中にただよう綿毛の正体を知る。
f:id:ayutann:20150920213302j:image f:id:ayutann:20150920213319j:image  f:id:ayutann:20150920213008j:image
ぜんぶ、アザミだった!アザミちゃーん‼︎
とっても感じのいいホーリールードパーク。いつか登ってみたいな。

ここからまたメインストリートの方に歩いて、みっちょんオススメのレストランにむかう。けれどこの旅の間中、iPad地球の歩き方を駆使してどこの街でも完璧にナビゲートしてくれたみっちょんに本当に感謝!
やや遠くて少し面倒くさがってしまったが、「でも地球の歩き方によると・・!」とみっちょんの力説に動かされた。そのレストランはボウルいっぱいのムール貝や魚介を食べれるところで、すごく美味しかった。
だんだん気づいてきたが、イギリスのごはんはマズイ、というのはほぼ正しいが、お店を選べばなかなか美味しいものも食べられること。美味しいお店のメニューの中でもハズレはあること。ガイドブックに乗るお店はやっぱり美味しいということ!(さっきから当たり前のことを言っている??)

ここでiPhoneの万歩計をみてびっくり、この時点で私たちは27,000歩以上も歩いていた。。
丸一日歩いてたもんな!

帰りに観覧車に乗って、長い1日が終わった。
f:id:ayutann:20150920215648j:image
満月は雲に隠れぎみ。