読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川崎大師

diary
f:id:ayutann:20151011235633j:image

お大師さまとは弘法大師空海のことなので、川崎大師はもちろん空海のお寺です。ここの門にはあの筋肉むきむきの仁王像ではなく、四天王が配置されています。

四天王はよく足下に邪鬼を踏みつけていますが、それは四天王の勇ましさ、正しさを現すというよりも、邪鬼にはあえてこのように仏法を前に苦しみの姿を人々にさらす役割があるそうです。それを引き受けている存在なので、

邪鬼を拝めば、自らの心の邪鬼が鎮まる。

というものだそうです。

そして川崎大師には、四天王の門を入って右手に聖徳太子をお祀りしたところがあります。
遣唐使として中国に渡り、密教を日本に広めた空海は、この遣唐使という制度のもとを作った聖徳太子を厚く信仰していたそうです。

お参りの時にはぜひここも忘れずにご覧ください、

と、

夏に先達の方に教わりました。

ぐっときました。