フルムーン🌕青き衣で阿蘇の旅

 

f:id:ayutann:20170602214956j:image

翌朝は、朝風呂からスタート!
昨夜は入れなかった展望風呂が朝はオープン!!
当たり前のように独り占めです。
 
旅行にでると、何もかもが上手くいってるように感じます。全てのタイミングが最高。魔法のようにスイスイと。
 
f:id:ayutann:20170602220252j:image
朝陽を浴びて。ほんとに見渡す限り、山にぐるっと囲まれてる。しかもその山々は延々と連なっていて、いったいどうなってるんだ、と思って見ていた。(後でわかる。)
 
そしてお風呂から、気になるものを発見!ん??あれは、、
ストーンサークルじゃないか??
イギリスで見て以来、私はストーンサークルが好きだ。
そしてその後方には、小高い丘のような山があり、綺麗な形をしているのでなんとなくピラミッドのようにも、はたまたグラストンベリーのチャリスの丘を彷彿とさせなくもない。
そんなつもりはなかったのに、急に頭の中が大好きなイギリスのミステリースポットのことでいっぱいに!
 
ホテルをチェックアウトして、駐車場に向かい車をとりにいくと、昨日は気づかなかった駐車場の裏の道があって、ふらふら歩いていくと、なんとあのストーンサークルに辿り着いた。
 
華麗なる引き寄せ。
 
f:id:ayutann:20170602221212j:image
誰がいつ作ったのかな〜、最近ぽいけど。まさか阿蘇ストーンサークルがあるなんて!よいしょっと、1メートルくらいの用水路を飛び越えて敷地に入る。
f:id:ayutann:20170602221439j:image  f:id:ayutann:20170602221457j:image
木に囲まれたスペースに石が並んでいた。木と石に囲まれると、なんとなく隔てられた、静かな、穏やかな、別の空間が出来上がっていた。平和な空間。内側の空間。
 
サークルの真ん中に立っていると、風がたって木々が音をたてた。とても綺麗だった。
なんて不思議な空間!
 
満喫して、大観峰へ向かう。
さあさあ山道を運転だ!
 
f:id:ayutann:20170602222020j:image
f:id:ayutann:20170602222045j:image
ここに来て、やっと山に囲まれていた意味がわかった。
f:id:ayutann:20170602222158j:image
あそっか、さっきまでいたところは、巨大なお皿の底だったんだ。
全部がカルデラの中だったんだ。
阿蘇は巨大カルデラの中の街!
わぁ〜〜!!と叫びたくなる大観峰の眺め。
 
f:id:ayutann:20170602223524j:image
写真とってください!と頼まれたので私も撮ってもらった。
気持ちのいい流れにのっている。魔法がかかってるなあと感じつつ、
 
つづく