すべてつながった。

f:id:ayutann:20170828190524j:image

渋谷にあるhidekoさんのクリスタルショップ風(fuu)で、最近クリスタルのワンドを手に入れた。

 

ワンドというのは、スティック状のクリスタルで、わたしは実はワンドが、大好きなのだ。

ワンドが好きと書くだけで興奮してくるくらい、細胞がざわめきます。(変態。笑)

 

幼稚園のころから、無償にスティック状のものがすきで、木の枝でもいい、サリーちゃんのステッキ、イパネマのステッキ、マスクマンの剣、浅草の土産物屋の十手、竹刀、指揮棒!!(実際買ってもらったものたち。)

おままごとや人形は正直興味がなかった。

どうしてこんなに、、無償に気になる、手に持ちたいと思ってしまう、わけもなくすごい好きなのだろう!

 

引っ越し前にひとつのブレスレットと出会ってから、石が気になっていて、そのあとhidekoさんのお店に出会った。

 

お店にはたくさんの色々な石があり、そこでいくつか気になるものを手にとっていて、その中でふとこのワンドを手にとった。

なんだかしっくりくる。

 

いくつか見た後で、hidekoさんにこのスティック状のものがすごい気になる、こういうのけっこう好きです、というと、

「それはワンドですね。それが気になる人はエネルギーを使える人なんですよ。その中でも、それはレーザーなのですごくパワフルです」

 

と聞いて、あ、これは魔法のステッキだ!と思った。

先端から光が走る様子が脳裏にうかぶ

そして、自分がそれを好きなことと、小さい時から無償に棒が好きだったことが急にぜんぶぜんぶつながった。

 

あーー!これこれ!

これだよ、好きなのは!イメージしてたのは!こういうことだよ!

と合点がいった。

 

 

ワンドを手にもち、

「これってもうこういう感じですよね?!」

と1人で急に興奮してくるくるっとさせてみせると、

あはは、と笑って

「そうですね。だいたいそういうワンドはエネルギーを使う人じゃなければ目にとまらないんですよ。それはレーザーだから特にパワフルだけど、エネルギー負けしてないですね。」

レーザーがほかのものとどのように違うのか、

わからないけどこのスティックの先端から光が走ってるのはわかる。それこそレーザービームのように放つのだろう。

でも妄想の気がして、hidekoさんにきいてみると、うん、間違いなく走ってますね、目には見えない光が、と同じことを言った。

私はhidekoさんからもっと色々なことを教わりたくなった。

 

ところでクリスタルショップ風にはフレンチブルドックとラブラドールのワンコ二頭も勤務しており、毎回入店時にものすごく歓迎してくれて、帰るときはほぼ無視。笑

でも無視でいい、無視されないと引き止めされて帰りたくなくなっちゃうから。めちゃめちゃかわいいです!

私はワンドも好きだけどワンコも大好きなのです‼️この日は夢に二頭が出てきてしまいました。

 

とりあえず、今は好きなだけこれで遊ぶ!!

f:id:ayutann:20170828190019j:image

ちょーーど、私の指と同じくらいの太さなのだ。

 f:id:ayutann:20170828190028j:image

f:id:ayutann:20170828190046j:image

 

久しぶりにパッションが蘇りました!

「好き」は「思い出す」ことにとても似てるなあと、感じました。

 

 クリスタルは世界に2つと同じものはなくて、

自然にこの姿に成り、この石はモンゴルから私のもとに来たと思うと、不思議でなりません。このように加工されたのではなくて、自然にこの形になった、というのがもう、

果てしない!

世界のどこかに自分の指と同じサイズのスティック状のクリスタルが生まれている・・というミラクル。

 なんで???

 

『考えるな、感じろ』

ですね。