かえってきた⭐️cui cui diary〜 ティータイムにessayを。

30代独身OLの日常のB面(尽きないファンタジー)を書いています。

違和感のわかる、大切さ。

人の成長は、自分を客観的に見れるようになることだと思います。そして少しずつ器を広げていくことだと思います。
人は成長していこうと思うと、同じことを同じやり方でやり続けたら、楽しくなくなる時が必ずきます。

でも、本当の「楽しい」を知らないと、「楽しくない」もわからないのです。

「なんか違う、違和感。」は、「楽しい」と同じだけ強烈だから。

違和感を感じて、行き止まりを感じて、どうにも出来ない。それは前に進もうとしているから現れた大切な感覚です。必要な感覚です。

その行き止まりからまた、新しいものが見つかるはず、自分への好奇心を持ち続けていれば。
(だからその時に、今までのやり方で突破しようとしてはいけない。そうするほどドツボにはまり、無限の虚しさに飲まれます!)

そしてわたしで在り続ける、“わたし”はこの感性のことだと思います。
あなたが感じるもの、それがあなた自身を表すものだと思います。

本当の本当に、自分に正直に感じているか。
正直に、感じているものを認めているか。

そこには新しい地図が隠れているはず。
違和感は大切な大切な羅針盤です。