かえってきた⭐️cui cui diary〜 ティータイムにessayを。

30代独身OLの日常のB面(尽きないファンタジー)を書いています。

扉を閉めてまた旅にでる。


12➕1人で1カ月旅をしていた。
みたいな気持ちで、
1カ月続いたクリスタルヒーリングのクラスが終わりました。

愛のムチをくらってもくらっても、立ち上がったね私たち!
と石女子で最後に盛り上がりましたが、
本当は最後のクラスは涙腺崩壊していた感動ものでした。(私だけ?!)

クリスタルヒーリングは、各チャクラごとにチームを組んだ石たちを身体の上にのせ、グリッドというものをつくり、チャクラのエネルギーに働きかけます。
横になって石をのせると、夢と現実の狭間に入るような、細かい夢や一瞬の映像をたくさん感じます。数分間がすごく長く濃く感じて、あぁ石の働きってこういうことなんだ、と知りました。

いっさいの妥協なく、エネルギー云々のまえに、(言葉は悪いのですが)ふわふわしてるお前らみんな叩き直してやる!的な愛のムチで、喝を入れてもらいました。
(もしかして憧れの企業のインターンシップに参加した学生の気分はこんな感じかもしれない。)
見えない世界だからこそ、向き合う姿勢とその人自身のあり方が問われるヒーラーとしての、hidekoさんの厳しい姿勢に、胸打たれました。そしてものすごい仕事っぷり!
こんなクリスタルクラスは他にないと思います。。いや、ないです。(言い切り。)

『自分が望むものを自分自身に証明していくこと。経験をするとは、対処出来るようになってはじめて経験したと言える。』
響いた言葉がたくさんあって、そして言葉の持つ力を改めて感じました。

さていつまでも振り返らないで、
扉を閉めて新しい日々を作っていきます。
でも閉じた扉の向こうから、明かりがさしてくるよう。いい経験したなぁと思います。



なんと自慢だったレーザーは私の不注意で折れてしまいました。けれどクラスで新しいワンドがやってきました。

これは、昔会社を辞めるときに頂いた、サントリー美術館のガラスです。関係ないけど綺麗です。