かえってきた⭐️cui cui diary〜 ティータイムにessayを。

30代独身OLの日常のB面(尽きないファンタジー)を書いています。

エッグタルト 後編

マカオに上陸するともう暗かった。
港からいろんな方面へのバスが出てて私にはさっぱり分からなかったけど、ワンチャイは慣れたもので「これこれ」といって小さなワゴンバスにのった。

バスは街の中心部に行き、カジノのあるホテルについた。

ぎらぎらどんどんジャラジャラ・・
かとおもいきや、意外と閑散としているし、中国の人ばかりの様子。カジノの中では写真を撮ってはいけないそうだ。

さらっとカジノ観光を終えて、外にでて宝石店が並ぶ通りを歩く。数十万〜数千万円の翡翠がたくさん売られている。買えないけど、どれが綺麗かな〜?と真剣にウィンドウを見てみるのは楽しかった。

メインロードをぶらぶらしながら、ふと右手にでてきた階段を登りたくなった。階段の上には細い道が続いてるようで、その先が気になった。
まっすぐこのまま歩いていくのはつまらなくて、ちょっと違うものがありそうな空気に誘われて強引にワンチャイとマリリンをよびとめ路線変更した。

これを逃すと、ずっと(前編から続く)空回ったままマカオ観光が終わる、と思い、この路線変更でようやく調子を取り戻した。
空回るとは、心が反応しなくなる状態で、ただただスケジュールをこなし観光地を通過する、何も印象に残らなくなってしまうようなことだ。何せ、この日は時間がなかったのだ。

人通りの少ない裏道、ヨーロッパテイストの建物が並び、喧騒から逃れた先に小さな広場と教会があった。教会は中には入れた。


だんぜんこっちのが(カジノより)好みだ。。

[


そこからカーブを描く坂道をおりて、さっきまで歩いていたメインロードに合流して、
ちょっと疲れたので、小さなお店の店頭で売られるエッグタルトを、食べようか〜?といって、2つ買った。

思えば人生初のエッグタルト。
思いのほか暖かくて、中が少しトロっとして、美味しかったのだ!立ってもぐもぐほおばった。
(流行り物のお菓子にとことん興味がないので、日本では食べることがなかった。)

そもそもマカオへの到着が遅れた私たちには、本当に行って帰るくらいのちょっとした時間しかなく、そのなかで満足させてくれたのがこのエッグタルトだった。


(そしてマカオの観光は終了。)

旅の最後に香港の空港でもエッグタルトを食べたけど、甘くもなんともなくて激マズだった。

エッグタルトは、マカオだなぁ。という感想を持った。(二軒しか食べてないのに大胆な感想だ・・笑)
空回ったまま食べたら、こんなに印象にのこらなかったかもしれない。
ちょっとのさじ加減で、時間の彩りは変わる。その勘を大事にしていたい。

ワンチャイもあの時のエッグタルトが印象に残ってるようで、見ると「マカオで食べたな。」と言うようになった。

今まで何でもなかったものに、「旅の思い出」という付加価値がついて、なんとなく微笑ましい存在になる。

それはなかなか楽しいものだ。
そんなものが増えることも豊かだなぁと思う。


さよならマカオ。あれで充分です。