読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじまりの国、アイスランド。ゴールデンサークル編

旅行

はっと目がさめるとまだ夜中の2時半。カーテン越しに外は明るい。変な感じ!

またもぞもぞして、次におきると6時半くらいだった。外は、晴れていた。
 
初日は10時からのツアーにしたので、ゆっくり準備ができた。
だいたいこの旅の標準装備は、長袖シャツ、セーター、フリース、風がつよければウィンブレも着て、登山用靴だ。
 
着替えて一階のキッチンにいく。この日ゲストハウスであったのは、中国からの方2組。大学生くらいの女の子が「お湯わいた〜?」みたいなことを中国語で話しかけてきて可愛かった。見た目ではわたしたちも中国人にみえたようだ。わたしはけっこう一目で相手が日本人じゃないことわかるけども、日本のほうが(わたしの価値観が?)多様性に欠けるからにちがいない。「異文化だ!」という感じがする。
 
朝はゲスト用の紅茶をいれて、昨日スーパーで買ったサンドイッチを食べた。
ちなみにアイスランドでは水一本でもガム1個でもカードが使えるので、旅行者には便利。わたしはついに最後まで一円も両替しなかった!
 
バスのピックアップまで時間があったので、少しお散歩する。
寒いけど、いいお天気だ。みっちょんが、
「怖くて天気予報見れなかったけどあゆたんがいるから大丈夫だと思ってた」と言った。晴れて良かった!
 
ピックアップ場所にて、バスを待つ。ツアーは全部英語だし、置いてかれないようにしなきゃ。なんだかどきどきしている。白いバスは時間通りに登場した。
何ヶ所かでピックアップをしながら、バスは海岸沿いを走り出した。
湾の向こうには緑色の、上が台地のように平らな山が連なっていた。
 
バスはやがてバスセンターにつき、そこでバウチャーをチケットに変えてから、自分のツアーバスに乗る。
1日目、わたしたちはシンクヴェトリル国立公園の見どころスポットをつなぐ、ゴールデンサークルというルートをいくことにした。
バスは大型で、乗客は20人以上はいたと思うが日本人はいなかった。車内ではガイドさんがいろいろお話してくれる。今日はお天気がよくて山もとても綺麗にみえるしラッキーな日だそうだ。
 
バスセンターから走り出して40分ほどで、我々はなにやら最初の観光スポットについた。集合時間は聞き逃すまいと耳をすませるも、「テン トゥー トゥウェルブ」と聞こえる。それって・・・つまり何時??という感じで、われわれはバスを降りてからガイドさんに確認にいくと、「11:50」と紙に書いてくれた。「12時まで10分」と言っていたのかと理解した。
 
み「こ、ここはどこなんじゃろ?」
あ「な、何をみたらいいんだろ・・」
と、最初は要領を得ずバスからおりたものの、すぐそこには、さっそくプレートの割れ目、ギャウが広がっていた。
ギャウはアイスランドのいろんなところで見る事ができるけれど、たぶんここが一番大きくて、大地にそそり立つ断崖となっているのである。アメリカ大陸とユーラシア大陸のプレートの割れ目をあるく・・・壮大すぎてその実感はつかめないけれど。
photo by michiyo.

f:id:ayutann:20160726214446j:plain

f:id:ayutann:20160726214813j:plain

f:id:ayutann:20160726215234j:plain

にっこり!とてもいいお天気で、手元に六角形の光が。のちのち自然の中に私たちはたくさんのペンタゴンを見る。(寒そうだけど、最初なのでちょっとあったかくしてた。)

f:id:ayutann:20160726215518j:plain

ギャウの向こうには大きなシンクヴァトラン湖。アイスランドには水がたくさんある。

さて、集合時間のテントゥートウェルブまで、なんとわれわれに与えられた時間は、賞味15分ほどだった。「あぁ、むこうまでは歩く時間ないから、ここで折り返さなきゃ」とバスに戻る。朝がゆっくりのツアーは、どうしてもこうなってしまうのだ。

 

次には車内で「ゲイシール」となんとか聞こえ、どうやら間欠泉のようである。ここにはレストランもあって、各自お昼&観光で1時間の滞在だった。けっこう忙しい!

まずは食事をしにお店に入ると、フードコートのようになってて、好きなものを選んで取り分けてもらって、お皿を持ってレジでお会計となる。

このラムのお肉が柔らかくてクセがなく、周りがかりっと香ばしくてとっても美味しかった。アイスランドてご飯がおいしいというのは本当だ、とここで納得した。みっちょんのミートボールもとても美味しかった。

f:id:ayutann:20160726220345j:plain

30分くらいでご飯をたべて、間欠泉をみにいく。

ガイドさんが7分に1回くらい吹きでると言っていた。行ってみると、茶色の土の大地から何カ所にも水が湧いていて、もくもくと湯気がたっている。水が小さな川のように流れたところは白くなり、硫黄が含まれていることがわかる。

そこらじゅうで温泉がわき出しているのだ。

間欠泉を囲んで観光客たちはその瞬間を待つ。中にはドローンを飛ばしているひともいて、あれが間欠泉に飲まれて制御を失い私たちにつっこんできたら・・と想像してしまう。

 

うっすらと青いお湯が、くしゃみでも我慢してるようにすっと引いたり湧いてきたり、その触れ幅がだんだん大きくなって、うぉ〜〜〜!っという勢いとともに一気に盛り上がって、ぶしゃ〜〜〜〜!と吹き上がった。1回目は「お湯かかる!」と思って反射的に「きゃあ〜〜〜!」とリアクションしたものの、周りのみなさんはとても静かにみていて、わたしたちも2回目からはたんたんとカメラを構えてしまった。昔イッテQで出川が釣り竿の先に肉をぶらさげてしゃぶしゃぶに挑戦したというイエローストーンかどこかの間欠泉に比べたら、小ぶりなかわいい間欠泉だったと思う。

f:id:ayutann:20160726222224j:plain

バスにもどり、次いってみよう!

f:id:ayutann:20160726222704j:plain

グトルフォス!(フォスが滝という意味だと思われる。)滝の左側に映る人を見ると、この大きさがわかると思う。

アイスランドの滝は不思議なのだけれど、バスに乗って滝に着いたといわれても、まず見えない。見渡してもどこにも滝はない。しかしそこにいくと、足下にこのように流れているのだった。

かなり遠くからでも水しぶきがミストのように飛んでいて、すがすがしかった。

み「あの滝って、夜もずっとながれてるんだよね。」

あ「それ、ぼのぼのでも全くおなじこといってたよ。誰もみてなくても流れてるのかな、って。それで薄目で見てみたり、急に振り返ってみたりするんだけど、やっぱり流れているの!」

水が枯れないとうことは不思議だ。私たちが生きる年数の単位くらいでは枯れることはない長い時の中に、アイスランドは生きているのかな。

このあとみっちょん巨匠から「滝はおとこだと思う?おんなだと思う?」と聞かれたけれど、なんて言ったかわすれちゃった。。でもそんな感覚でいろいろみっちょんは掴んでるんなぁさすが!と思った。

バスからの風景は、黒っぽいごつごつした溶岩からできた石の大地をもけもけと覆う一面の苔だった。苔が凹凸を丸くさせクッションになり、そこに草がはえ、少しのお花も咲いたりする。黒と緑とグレーと紫と白と、そんな感じの色合いだった。わたしは、少し寂しげだなぁと思っていた。生き物にはなかなか厳しいところだ。でもこうやって、どこからともなく苔は生える。大地を覆い、苗床となって他の命を根付かせる。

 

そしてほんとに遮るもののない広い広い空。なぜか空が低くみえて、どうしてもいつも高いところにいるような気がした。

 

分刻みのスケジュールで観光をこなすと、一日はあっけないほどあっという間だ。

ゲストハウスにもどり少し休んで、夕食のためまた出かける。

今晩はみっちょんが予約してくれていた「Resto」というお店にいった。レストランではだいたいフィッシュスープかミートスープがあり、どちらもピリ辛であたたまる。ここのフィッシュスープはトマトクリームスープで美味しかった。メインもすごいボリュームで、お魚がとても美味しかった。みっちょんとの去年のイギリス旅行を思い出した。あの時もこうやって美味しいお魚のお店予約してくれて、あの時も楽しかったけど、ご飯はイギリスよりアイスランドのが美味しいね!!

f:id:ayutann:20160726224755j:plain

あっというまの一日が終わった。

帰り道、人気らしいベーカリーで朝ご飯のサンドイッチを買いつつゲストハウスにもどって、最初は律儀に部屋の鍵などかけていたのだけれど、隣の部屋の人があけっぱなしだったり、お風呂上がりに適当なかっこで歩いている他の人をみると、だんだん家のように思えてきた。

今夜も明るい中シャワーをあびて、明るいなか就寝。

明日はちょっと朝早いのだ。